初級から中級者向け 代表的な詰将棋本

浦野真彦先生のハンドブックシリーズ。
まずは1手詰めからスタートし、3手、5手、7手と進めてみてください。
1冊に200問、見開きで4問ずつです。


1手詰め本


3手詰め本


1、3、5手詰め本