効率よくレベルアップするために

image先日ご紹介した浦野真彦七段 著「初段になるための将棋勉強法」から、自分の弱点を強化・棋風を変化、させるための勉強法をまとめてみました。

ぜひご参考に。


■序盤、中盤、終盤の弱い部分を強化するためには

勉強の種類 序盤力 中盤力 終盤力
戦法書(定跡書)
次の一手
詰将棋
必至
棋譜並べ
将棋観戦
対局
指導対局

■「長考タイプ」と「早指しタイプ」

《長考タイプから早指しタイプへシフトしたい》
・短手数の詰将棋
・短時間の高速棋譜並べ
・持ち時間の短い対局
✳︎短時間で行う勉強を増やす

《早指しタイプから長考タイプへシフトしたい》
・長めの手数の詰将棋
・じっくりと時間を使った棋譜並べ
・持ち時間の長い対局
✳︎時間をかけて一つずつの勉強を行う


■「受け将棋」と「攻め将棋」

《受け将棋から攻め将棋へシフトしたい》
・駒落ちの下手をもたせる
✳︎攻めの感覚を養う

《攻め将棋から受け将棋へシフトしたい》
・駒落ちの上手をもたせる
✳︎受けの意識を高める

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA