20級から10級へ

初心者の皆さんが10級になるまでに確実な棋力=基礎体力のようなもの を身につける為のステップアップの仕組みを、山脇先生が製作中です。
山脇先生の次の回から、新たな基準で級位の認定をし直します。

10級になるだけならそれほど大変なことではありませんが、どうせなら基礎がしっかり身についた10級になった方が、その後の上達が早いと思います。

スポーツ系で最近話題の体幹トレーニングみたいなものですね。
ただ勝つために楽な将棋を覚えるのではなく、しっかりと基礎を固めましょう。
基礎が出来ていれば、どんな戦形でも指しこなせます。
将棋の幅が広がり、自然な良い手が指せるようになります。

その為には、まずは真剣に盤に向かうこと。
駒を整え、相手の駒の動きを確認してから、じっくり指し手を考えること。
自分より弱い相手にもしっかり敬意を持つこと。

基礎を飛ばして10級以上になった子も、初級の子達がやっている事を覗いてみてください。
必ずたくさんの発見があると思います。
希望があれば、中級の子も15級くらいからやり直してみるのも良いかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA