級位について

ざっくりとした話ですみません。なんとなくの目安だと思ってください。

10級…クラスで一番になれます。
5級…小学校で一番になれます。
初段…福井県の小学生トップレベルになれます。
(小学生名人戦代表の戸川君は4段です。二位以下はだいたい初段近いレベル。)

プロになりたいなら、初段レベルになったら研修会に。
研修会で勝ち上がれば奨励会に。
奨励会に入れたらすでにアマ5段レベル。
奨励会は6級からスタートで、3段になったら三段リーグに。
そこで勝った者だけがプロになれます。
東大に入るよりはるかに狭き門で、年齢制限もある厳しい世界です。

現在、福井県からは研修会に1人、奨励会に1人。
当教室の高橋君は石川県から東海研修会に通っています。
彼は四年生でアマ3段レベル。そんな強さでも奨励会に上がるのはもう少しだけ先です。

目標は高い方が良いと思います。
目標が高いならなおさら、初級のうちに基礎をしっかり勉強してください。
どこに出ても恥ずかしくない対局マナーを身に付けてください。

勝つから強いわけではありません。
負かしてくれる相手がそこにいないだけなのです。
荒い将棋で勝ててしまう事が最大の不幸です。
将棋に限りませんが、悪い癖はなかなか治りません。
謙虚さが身につかないと、誰も叱ってくれなくなります。

初級者の子たちは、ゆっくりでもいいので正しい将棋の道を歩んでください。

級位について」への1件のフィードバック

  1. 勝つのは偉いわけじゃない。
    勝つのは強いから。
    負けるのはチャレンジしたから。
    子供のうちにおもいっきりチャレンジしたら良いと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA