勝負は時の運。

朝日アマ名人戦福井予選が行われました。

息子ゆうやは3ー3でB級初の予選落ち。公式戦初の反則負け。
C級は久保君が準優勝。
一般棋戦初参加のK高校大野君も久保君に敗れました。
C級最終ライン=ラスボス細田さんには勝てず…

木田の教室が終わった後に西別院に戻ると、B級決勝とA級準決勝が行われていました。B級決勝は終局図がアヒル囲いになっていました。でもアヒル戦法ではなかったそうで、たまたまその形になったとのこと。棋譜が知りたい…

A級準決勝は詳細を書くことはできません。
終局後にある出来事があったのですが…

とにかく、勝負は残酷なものです。
対局者、周りの人、皆の気持ちがよく分かります。

悲喜交々ですね…

image

image

image

image

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA