新潟県新春将棋大会

昨日2/4に新潟県新春将棋大会および、さなる杯小学生将棋名人戦新潟県予選が田村康介七段、金沢孝史五段をお招きして開催されました。

新潟では現名人が大会運営に大きく関わっていて、選手としても活躍している姿は県将棋界に大きく影響を与えています。名人ならびに運営に協力している新潟大学のOB、現役生には頭が下がる思いです。

さてお待ちかねのさなる杯予選、参加者は10人と少なめです。優勝候補はJT北陸大会の決勝常連の五年生U野くんと現研修会生の三年生N村くん(わたしたち長岡将棋センターのホープ)です。方式はアマ戦方式のリーグ戦からのトーナメントです。予選から2人の激突となり、予選はN村くんの勝ち。U野くんもその後踏ん張りトーナメント進出。準決勝で再度激突となりました。そこでも勢いそのままにN村くんの勝ち。決勝は同じ長岡将棋センターに通う四年生のS井くん(棋力は1級~2級)、棋譜を見ましたが序盤は互角以上に指していて、初心者の頃から見てる自分としてもうれしいかぎりです。ただ、流石に力及ばずN村くんが代表を勝ち取りました。東日本では旋風を巻き起こしてもらいたいと思います。

冒頭に書いたとおり、2人のプロ棋士を招いて指導将棋や教室が行われたのですが、指導将棋終了後、田村先生がN村くんと対局をして下さいました。2人の間には2度ほど因縁があり、目をかけて下さっているようで😊ある人曰く、見たことが無いほど真剣に楽しそうに指してたそうです。

長々と書きましたが最後に。今回の記事はほぼ伝聞なんです。わたし見てないんです。なぜか。わたし久々の3位入賞でした。なぜこんなことを言うのか。ちょっと嬉しいからです。じゃなくて(笑)この好結果は負けたくない相手の存在が大きいんだと思います。わたしには絶対に負けたくない相手、ライバルと呼べるのが1人います。加えて前述のN村くん、こっちはライバルではないですが1日でも長く相手が出来るようにということでしょうか。そんな相手は大事なんだなと思ういい大会でした。

新潟県新春将棋大会」への3件のフィードバック

  1. 息子の盟友N村君の優勝は本当に嬉しいです。
    関東研修会でも低学年の出世頭と聞きました。
    倉敷での鬱憤を名人戦で晴らしてほしいです!

    先日私が誕生日に、
    「ひとり寂しく夜はドラマanoneを観ます。」
    とグループLINEにつぶやいたら、N村パパさんがその夜、
    「いきがかりさんが寂しくないように同じドラマ観てます。」
    と返してくださいました。

    不覚にも涙がこぼれました。

    1. 同じ年の同じ道を行く子供を持つ親が同じドラマを見ている・・・そんな相手も大事にしないと・・・

      1. 視聴率低迷のanoneを観てくださったというのが、喜び倍増でした。

        このドラマは「東京ラブストーリー」「最高の離婚」「カルテット」の坂元裕二さんが脚本で、期待大だったのですが…
        ハリカと彦星君との切ないチャットのシーンと、田中裕子さんの抑えた演技が見どころですね。

        「カルテット」は人生訓の連発でしたけど…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA