次の日曜は県名人戦福井地区予選@西別院

次の日曜に行われる一般大会に皆さんぜひ出場してみてください。

B級以上に出場してる人には説明不要ですね。

昨年秋から多くの子たちが一般大会C級に出場するようになりました。
ほとんどの子があと一歩のところで、予選通過を逃していました。

はっきり言いますが、当教室の多くの子は予選通過をしてもおかしくない棋力に達しています。
また数人の子はすでにC級優勝に近い力があります。

私の見立てでは、今のまま努力すれば年内中に当教室の子の5人くらいはC級優勝に絡めると思います。
もしその結果が残せたら、どんどんB級に上がってください。
そうすれば、さらに棋力が伸びます。

伸び盛りの皆さんはC級に留まって賞状をたくさんもらおうなんて思わず、さらに上を目指してください!
上が抜けてくれないと、後輩たちの活躍の場が奪われますので!

次の日曜は県名人戦福井地区予選@西別院」への3件のフィードバック

    1. 伸び盛りの子たちには、早くC級優勝を目指して欲しいです。
      そしてB級のじっくりした将棋に揉まれていけば、初段に到達できると思います。

      小学生の一般大会参加者が早く20人を超えるように、当教室も協力していきたいと思っています。

  1. C級からB級に上がる時期やB級からA級に上がる時期というのは結構悩みますね。
    私の場合は遅いほう1割に属していたと思います。
    将棋において勝つことを楽しむ感じだったと思います。
    勝ち越したら上がり負け越したら降りるというのは過剰ですが、
    【直近20戦で勝率75%もしくは勝率25%】という数字を基準に考えると良いと思います。
    基本的には、階級の壁は大駒1枚で2段差相当(1勝10敗目安)だと感じます。
    地区予選で25%を切るようなら降りる。
    県大会で75%が見えるなら上に上がるというのを1つの目安にするとちょうど中間点くらいになります。

    裾野の拡大でC級参加者が増えて年下に追い越される怖さが増えて欲しいです。(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA