母語と母国語の違い

皆様は、母語と母国語の違いをご存知ですか?

この違いが、将棋の上達法(学習法)の違いにも当てはまるんじゃないかと常々思っています。

違いをご存知ない方も多いと思いますので、
こちらのページ「日本語とチカラ」を足がかりに、興味ある方はネットで調べてください。

さらに興味がある方は、この本で。

駒落ちの指導対局を繰り返すことは、まるで母語を習得するような過程なんだと思います。
棋譜並べも母語習得に近いような気がします。

定跡や戦形を書籍などで学ぶのは、アナウンサーが放送用の言葉遣い(母国語の一種)を訓練したり、外国語の学習に近いのでしょうか。

初心者がソフトを使っての将棋の学習は、母語を身に付けるようには上手くいかないと思います。

それはなぜか?
ソフト側に、伝えようという意思や愛情が無いからです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA