奨励会を目指すこと

教室のお子さんに「将来の夢は?」と訊ねると多くの子は「プロ棋士」と答えます。
スポーツのクラブでも同じような感じだと思います。

プロ棋士に限らず、プロ野球選手でもJリーガーでも、プロになれるのは一握りです。それは仕方のないこと。
狭き門ではあっても、競技を続ける上でプロを目指すのは決して悪いことではないと思います。
野球だったら甲子園を目指すように、将棋だったらまず目指すのは奨励会でしょうか。

プロ棋士になりたい!という子どもの夢を、よりリアルな目標に近づけるなら奨励会入会を目指すべき。

福井からだと、通常入会するのは関西奨励会になります。
奨励会に入会するための方法は、
・年一回8月に行われる入会試験に合格する。(プロ棋士の推薦などの受験資格もあります。)
・研修会に入会し、Aクラスまで昇級して奨励会に編入する。
のどちらかです。

現在、福井出身の奨励会員は2名。研修会員は2名です。

当教室の生徒さんで奨励会を目指すとはっきり確認できているのは2名。

奨励会入会は決して甘い目標ではありません。
年齢制限もあります。
我が県で言うと、一般A級上位で活躍できる棋力にならなければ、入会は厳しいです。
入会を希望しても、そこまで到達できずに諦める子もたくさんいます。
強くても運悪く試験に不合格ということも多々あります。
奨励会に入会できても、プロになれるのはそこから2割と言われています。
また、福井から大阪まで月2回通うとなると、親にとっては経済的な負担もあります。学業との両立の問題も。

それでも奨励会を目指したいという気持ちがある子、その親御さんがいらっしゃいましたら、メール等でお知らせいただけますでしょうか。

中西六段が中心となる特別クラスにぜひご参加ください。

現在の棋力・学年は問いません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA