森下卓先生ご来訪。

今日は県の王将戦最終日で、本来なら息子ゆうやはシード入りを目指し出場する予定でした。ただ、奨励会員が一般大会に出るにはいくつかハードルがあります。以前石内先生は奨励会員の時にも参加していたそうなので、手続きを踏めば参加出来るはずなのですが、後々のクレーム等のトラブルを避け不参加と致しました。県将連の理事の方にも前向きに対応していただいたのですが、今の息子にとって一番大事なのは奨励会ですので、仕方ありません。

森下先生は前日愛知でのイベントがあり、わざわざ福井まで足を延ばして下さいました。ある方のご尽力により、このような素晴らしい機会に恵まれたことに心から感謝です。

午前中は、川井社長のお宅で森下卓先生と息子ゆうや(奨励会6級)の特別対局。
社長が所有されている木村義雄十四世名人の銘入り盤駒を使用させていただきました。下世話で申し訳ありませんが、この盤駒はちょっとした普通車が買える価格だそう…
木村名人は、森下卓先生の師匠である花村先生の師匠。
これもご縁ですね。

昼食は近くのヨーロッパ軒で恒例のソースカツ丼。

午後は教室でトーク&指導対局でした。
先生の将棋との出会い、本筋の大切さ、将棋親に大切な態度など、深い内容のお話でした。子どもたち皆に目を配って飽きさせない話し振りから、先生の優しいお人柄が伝わってきました。

関東のプロ棋士をお招きすることはなかなか難しく、今回森下先生のような大御所にお越しいただけた事はとても幸運でした。

子どもたちにとっても、素晴らしい思い出になったことと思います。

森下卓先生ご来訪。」への4件のフィードバック

    1. 時間があれば王将戦の会場に先生をお連れしたのですが、
      4時前の電車でお帰りということで無理でした…

    1. 棋力アップに繋がるかどうかは今後の頑張り次第ですが、
      素晴らしい経験が出来たことは間違いありませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA