さなる杯小学生名人戦2019西日本大会 結果

兵庫代表の炭崎君、大阪代表の小沼君、決勝大会進出おめでとうございます!

炭崎君と息子とは定例ネット勉強会の仲間で、昨年の同大会では会館道場で息子をリラックスさせてくれたのが炭崎君でした。
息子が大阪に通うたびに、炭崎君親子にはたいへんお世話になっています。
トーナメント前日の夜は、ネットで練習しました。
息子から炭崎君へバトンを渡しました。

炭崎君はこの一年の急成長で、研修会のポジションを見ても優勝候補筆頭だったと思います。子ども大会は本命視されるほどプレッシャーで潰されることが多い気がします。そこをしっかり勝ち切ったのは、周りが思うほど楽ではなかったでしょう。
今年も強い子はたくさんいました。

今だから言いますが、前日のネット対局の内容は酷かった。(笑)
でも翌日にしっかり立て直した彼は、本当に力があるのだと思います。

小沼君とは高槻支部長の谷知さんの紹介で、昨年の支部団体戦で知り合いました。
息子は師匠の今村先生にもたいへんお世話になっており、昨年のさなる杯決勝前には連日たくさんのアドバイスをいただきました。
夏には谷知さんのお宅で、小沼兄弟君たちと一緒にたこ焼きパーティーをしたのも忘れらない思い出です。
小沼君と会館道場で会うと、いつも笑顔で元気をくれます。


 

私はグループLINEで、炭崎パパさんに対局前のストレッチを何度も勧めました。
昨年のさなる杯決勝大会で、対局前に石内先生と息子は廊下で入念なストレッチをして臨みました。


その時はあまり分かっていませんでしたが大会後に気づいたのは、子どもに緊張するなと言っても、メンタルのコントロールは大人でも難しいだろうということ。気持ちを頭でコントロールすることよりも、身体をほぐして気持ちもほぐす方が効果があるんじゃないかと。

まあ半分冗談みたいなアドバイスでしたが、炭崎パパさんが小沼君も誘って決勝前に二人でストレッチをしたそうで、それで平常心で戦えたなら結果オーライです。
周りの親御さんたちから白い目で見られた…とのオマケ報告付きでした。(笑)

 

高槻にある今村先生の教室は、その名も「つよくなる将棋教室」。
小沼君のほか、昨年福井で行った座禅合宿に参加してくださった田中叡君もこちらの教室です。
強い子が多いだけじゃなく、とにかく雰囲気が明るい。

炭崎君と小沼君この二人の相乗効果で、決勝大会では大活躍してくれると思います。
決勝大会も、事前のストレッチで乗り切ってください!

敗退された子たちも、気持ちを切り替えて次の目標に向かって頑張って下さい!

【オマケ】
過去データを調べましたら、昨年までの4年間連続で決勝トーナメントに進んだ府県は、大阪・大分・福井だけでした。
今年5年連続を達成したのは、大阪と大分。
わが福井県は残念ながら記録が途絶えました…

来年は誰が代表になっても上位入賞を目指してほしいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA