出雲の鰻屋 のすべての投稿
5月6日 小中高学生全国大会島根県予選の様子

平成30年5月6日、出雲市の大津コミュニティーセンターにおいて第17回全国小学校倉敷王将戦、第39回全国中学生選抜将棋選手権、第31回全国高等学校将棋竜王戦の各島根県予選が行われました。

 

私は小学生低学年の運営係です、参加者は8名(女子1名)で総当りのリーグ戦です、他は高学年は11人、中学生10人(女子1名)、高校生10名の参加、こちらは各世代ともに3ブロックに分け2勝勝ち抜けで6人トーナメントで優勝を競います。

 

低学年予選は問題なく順調に消化していきます、しかし子どもたちの名前が覚えられない、勝敗を言いにきた子に何回も名前を聞く始末、高学年の子は大体名前と顔が一致するが低学年の子は分からないし子どもから名乗ることも無いので苦労しました、(次回はシールで名札作ろうかな)

午前中で全員7局が終了、6勝1敗が2名出たために昼食後に決勝戦を行うこととしました。

決勝戦は野津君対高橋君、予選では野津君が勝っていましたが決勝戦では高橋君の勝ち、うれしい初めての県代表です。

 

高学年の方あいかわらず混戦で、決勝戦は小学生名人戦の決勝とは違う二人が勝ちあがってきました、立脇君(5年)対 大国君(6年)で立脇君の勝ち、一昨年の低学年以来2回目の県代表です。

 

中学生選抜将棋選手権は息子が出場していますが運営の立場上見ていません、有力は古志野君(3年生)と宮本君(1年生)ともに県代表を何度か経験しています、二人は予選リーグが同じ組になりまずは古志野君の勝ち、しかし宮本君も予選を通過し決勝で再度対局です、結果は宮本君の勝ち、あとで知ったのですが棋譜を見たら対古志野戦用に作戦を用意していたみたいです、うなぎ屋が蒲焼以外の料理を出したようです(笑

 

高等学校将棋竜王戦は決勝戦が一番最後に始まったので私も最初から盤側で見させてもらいました、決勝は山本君(3年)対 原君(1年)、山本君は学生大会代表経験多数、昨年の山陰名人と実績十分、対する原君はここ一年高校入試のため少し将棋から遠ざかっていましたが高校入学後はまた大会に戻ってきました。山本君には息子がたまにVSをしてもらっています、かたや原君は小学校時代からの付き合いです、私としては両方ガンバレって感じです。

対局は原君が得意の中飛車でガンガン攻めていきます、原君の真骨頂は攻め将棋、それにしても久しぶりに原君の強気の気迫こもった将棋を見ました、原君と息子は小学生のころ一緒に石飛一美先生に将棋を教わっていました、今日の原君の差し手を見ていると滅多にほめない石飛先生が子どもがいい攻めを続けると呟く   

      パチィ「よし」  パチィ「そうだ」 パチィ「そ-だ」

と言う声が聞こえるようでした。

結果は押し切って原君の勝ち、山本君の悔しい投了の声が人の少なくなった会場に響きます。

 

今回優勝した中学の宮本君、高校の原君は石飛一美先生に将棋を教わっていました、その石飛先生が今年の1月29日にお亡くなりになりました、今回の二人の優勝は当然本人の努力の結果でありますが、今日はめったに大会には来られない石飛先生が会場にいらしていたのかもしれません。

島根県の将棋の普及に尽力されました石飛先生につきましては皆さんに知っていただきたいので機会があればこのブログに投稿したいと思います、ご冥福をお祈りいたします。

 

さて、全国大会での展望ですが小学生はまずは一勝、中学高校は予選突破が目標と言ったところでしょうか、大会まであと2ヶ月ちょっと、一生懸命勉強して大会に臨んでほしいものです。

 

他県の方はこれから予選の方も多数おられると思います、実力を発揮しよい結果が得られることをお祈りいたします。

第43回小学生将棋名人戦 島根県予選レポート

1月21日(日)に出雲市の大津コミュニティセンターで行われた小学生名人戦島根県予選の様子を島根県の小学生の将棋事情も交えてお伝えします。

息子が6年生で出場しない為、今年はお願いして運営のお手伝いをさせてもらうことになりました。(出雲支部主催)

当日は名人戦代表の部とジュニア戦の部の2クラスで行われました、また今年は村田顕弘六段をお迎えして、始めに6年生、そして随時敗退者から指導対局をしていただきました。

名人戦の部が9名、ジュニア戦の部が14名の参加でした、名人戦の部はだいたい予想通りの人数でしたがジュニア戦の部がなぜか少なかったですね、事前の問い合わせなどから考え倍近い数字を予想していたのですが島根に将棋ブームは来ていなかったようです(涙

名人戦は4人と5人の2ブロックに分けて総当り、各ブロック上位2名による決勝トーナメントにより代表を争います、審判は峰谷 茂氏(将棋指導員、イナズマ道場席主、その筋では有名な里見香奈女流五冠フリーク)、20分切れ負けにて対局開始です。

今年は本命不在と思われましたがやはり混戦になりました、4人のブロックは上位2名がすんなり決まりましたが5人のリーグの方はただでさえ局数が多いのに千日手模様の将棋(回避した)や、珍しい入玉宣言法による勝利などありました。

そして3局消化時点で4局目の結果如何では3勝1敗で3人が並ぶ事態となり運営側がザワザワし始めます(もしそうなれば10分切れ負け、逆トーナメントにしようと現場で決定)しかしその事態は回避され上位2名が決定しました。

決勝トーナメントはともにブロック2位通過が勝ち上がり決勝は森山君と中村君、5年生同士の対決です、二人とも松江の柳浦正明氏(棋道師範、アマ準名人、島根で将棋といえばこの人)の教室に通っているらしいです、

対局の結果は森山君の勝利、初の県代表の座を射止めました。

終局後は表彰式もそこそこに感想戦です、遊びに来た山陰名人の高校生と昨年就職で帰ってきた大阪府アマ竜王戦代表経験者の若手実力者二人を加え長い時間続きました。

無事に代表が決まりましたが今回反省点としてブロックの分け方、同点時の決定方法などある程度予想し検討しておくとよいかと、そして4人ブロックの勝者の待ち時間がとても長くなってしまいました、あとは切れ負けは良くないなと、島根は参加人数も少なく時間に余裕はあるので秒読みはつけたほうが良いのではないかと思いましたので皆さんに提案していきたいです。

 

島根の将棋教室、道場の現状は文中に出てきたイナズマ道場(松江、月2回)柳浦教室(松江)のほかに出雲神門コミセン、石見銀山あすなろ子供将棋教室とさみしい状況です。

うちの子は出雲大社の近く島根棋道会支部 石飛一美先生の教室に通ってました、里見香奈女流五冠を筆頭に出雲地区の強い子はほとんどの子が通っていた名門です、毎週日曜の午後夕方までみっちり教えていただきました、しかし2年前会場の確保と先生の体調の問題もあり閉鎖となりました、出雲地区の将棋の普及に関して言えば大きな痛手でした。

さて今回の県予選ですがよく言えば混戦ですが飛びぬけた実力者がいないというのが現実です、西日本大会では厳しい戦いが続くことが予想されますが、全力で頑張ってきてほしいものです。

 

ところで同日行われた広島県予選、三年生が代表になったようですね、

今年は三年生が多いのかな。

これから県予選を迎える皆様の健闘をお祈りいたします、では失礼します。

団体戦のオーダー
皆様のお知恵を拝借、といってもじゃんけんで何を出すかのように答えの無い問題かも
しれませんが。

6月18日に我が県の小中学生将棋団体戦の予選が行われます、
昨年は出雲市が普及特別枠ということもあり2度のチャンスがありながら
オーダーのミスにより代表を逃してしまいました。

今年も我が小学校が大本命なのですが対抗が2チームあり、
我がチームの2番手が他チームの一番強い子とあたらなければ勝てると思います

T小学校メンバー
A君 誰とあったっても勝てる
B君 ライバルチームの一番強い子には負ける、残りの子には勝てる
C君 助っ人だがそこそこ指せる、ライバルチームの一番強い子には負ける、残りの子
にはわからない

以上の条件にてどのようなオーダーが良いと思われますか、
お気軽に皆さんのご意見をお聞かせください。
スイス式トーナメント

今回の倉敷王将大阪府予選問題ですが、運営の問題とスイス式トーナメントの問題があると思いスイス式について昔広島と鳥取の方がネット上でやり取りしていたのを思い出し見つけてきました。
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/sports/42589/1447141480/l50

しかしスイス式はなかなか大変です、出雲では7月の里見香奈杯がスイス式で行われます、すべてコンピューターで管理しているようです、ちょっと関係者に話し聞いてみよ。

ところでスイス式を採用している競技って他にあるんですかね、野球やサッカーなんかでは聞いたことないし、個人競技の剣道、柔道なんかも無いかな、皆さんご存知ありません?

はじめまして

みなさんはじめまして、出雲のうなぎ屋と申します。

だれ?

って感じでしょうね。

Twitterでいきがかり運営さんとつながり、先日の小学生名人戦西日本大会で声をかけさせていただき少しお話をさせていただいたら、記事を投稿することになっていました。

以前からこのホームページたびたび見させていただいており皆さんの熱心な活動を感心するというか羨ましいというか自分はこれで良いのかとか思いながら見ていました。

少し自己紹介を、

島根県出雲市在住の育将です、息子は5年生(新6年)周りに同年代のライバルがいない為今までは主に山陽方面に遠征していましたが思い切って昨年12月より関西研修会所属、月2回大阪へ通っています。

自分はほとんど指しませんが分からないながらも息子の将棋の勉強には付き合っております。

皆様の役に立つかはわかりませんが山陰、山陽、少し大阪の情報を発信していければと思っています。

では、よろしくお願いします。

あ、うなぎ屋ですがさばけませんよ、将棋クラスタなら分かりますよね、

では、よろしくお願いします m(__)m