うたぼー のすべての投稿
倉敷王将戦・中学選抜・高校竜王戦新潟県予選

本日、小中高の新潟県代表を決める大会が行われました。今回の参加者は全部で80人ほど、去年の43人からほぼ倍増と某七段効果を感じる盛況ぶりでした。

さてまずは小学校低学年(スイス式)、ここには長岡将棋センター勢(以下センター)からM永くんとS井くん、結果は順に4勝1敗(三位)、3勝2敗と好成績でした。特にM永くんは新潟県で三位だぞ(^^)と誉めたら大喜びで非常に微笑ましかったです(#^_^#)

高学年は後ほど・・

次は中学選抜(アマ戦方式)、ここにセンター勢はY崎くんが参加、予選は辛くも突破しましたが本戦一回戦で優勝者に敗北、力の差はありましたが、この子は私が一番長く見てる子で、最近将棋がしっかりしてきたのでこれからに期待です。

次は高校竜王、ここにはセンターからS藤くんとK林くん、2人は同じ学校で同学年のいい仲間でありライバルです。結果は順にベスト10(くじで逆シード)とベスト8、2人とも知らずに数年前の小学生準名人を下す活躍を見せました。2人は将棋もですが、礼儀や勉強でも子供たちのお手本になってくれています。これからも更なる活躍を願っています。

さて、もったいぶった倉敷王将高学年、センターのホープN村くんとJTでの実績のあるU野くんの決勝戦となりました。序盤はどちらも飛ばすせいかちょっと雑になり気味で一日の長があるU野くんがかなり指しやすくなりました。しかし油断からか中盤手が伸びず逆転、終盤N村くんが決め急いだか難しくなり、決め手はあったと思いますが泥仕合になり最後はU野くんが抜け出し優勝。最終学年で初の高学年代表になりました。他にはセンターからS井くん、T橋くんが参加、結果は順に3勝2敗、4勝1敗となかなかの好成績でした。うっかりが多いのは反省材料です。

さて、N村くんが代表を逃したことで私も若干のショックを受けております。本人も周りもきっと勝つだろうなんてフワフワしたまま臨んでいたように思います。私が一番そう思っていたかもしれません。いろんな感情が入り交じってうまく書けませんが、1日でも長く相手が出来るように頑張りたいと思う1日でした。

最後に、私がよく負けた子に言うんですが、「負けは薬、勝ちは毒」今回の負けがN村くんにとって最高の薬になったと後から笑えるようになればいいなと思っています。

本戦に出る各県の子たちの活躍をお祈りしています。長々と失礼しました。

新潟県新春将棋大会

昨日2/4に新潟県新春将棋大会および、さなる杯小学生将棋名人戦新潟県予選が田村康介七段、金沢孝史五段をお招きして開催されました。

新潟では現名人が大会運営に大きく関わっていて、選手としても活躍している姿は県将棋界に大きく影響を与えています。名人ならびに運営に協力している新潟大学のOB、現役生には頭が下がる思いです。

さてお待ちかねのさなる杯予選、参加者は10人と少なめです。優勝候補はJT北陸大会の決勝常連の五年生U野くんと現研修会生の三年生N村くん(わたしたち長岡将棋センターのホープ)です。方式はアマ戦方式のリーグ戦からのトーナメントです。予選から2人の激突となり、予選はN村くんの勝ち。U野くんもその後踏ん張りトーナメント進出。準決勝で再度激突となりました。そこでも勢いそのままにN村くんの勝ち。決勝は同じ長岡将棋センターに通う四年生のS井くん(棋力は1級~2級)、棋譜を見ましたが序盤は互角以上に指していて、初心者の頃から見てる自分としてもうれしいかぎりです。ただ、流石に力及ばずN村くんが代表を勝ち取りました。東日本では旋風を巻き起こしてもらいたいと思います。

冒頭に書いたとおり、2人のプロ棋士を招いて指導将棋や教室が行われたのですが、指導将棋終了後、田村先生がN村くんと対局をして下さいました。2人の間には2度ほど因縁があり、目をかけて下さっているようで😊ある人曰く、見たことが無いほど真剣に楽しそうに指してたそうです。

長々と書きましたが最後に。今回の記事はほぼ伝聞なんです。わたし見てないんです。なぜか。わたし久々の3位入賞でした。なぜこんなことを言うのか。ちょっと嬉しいからです。じゃなくて(笑)この好結果は負けたくない相手の存在が大きいんだと思います。わたしには絶対に負けたくない相手、ライバルと呼べるのが1人います。加えて前述のN村くん、こっちはライバルではないですが1日でも長く相手が出来るようにということでしょうか。そんな相手は大事なんだなと思ういい大会でした。

やっと落ち着きました

先々週の支部対抗東日本大会、長岡支部は予選1勝止まりで残念ながら予選敗退でした(>_<)3人ともに1勝2敗と仲の良さだけは抜群でした(–;)

衝撃だったのはウチの最年少、宿泊は別で取っていたんですが、どうせ勝ち上がるから2泊取っといて!ですって(゜ロ゜;あのメンタル、一緒にチーム組んで良かったと思いました。ってウチの大将が言ってました(^^;

おかげで自分も3日間東京を満喫しました((o( ̄ー ̄)o))初日のアジフライは最高だったなぁ・・・

長岡将棋名人戦レポート

おかげさまで130人以上の参加を頂き、無事終了しました。結果は県勢がなぎ倒され少し責任を感じております(笑)

最年少は5歳(?)~最年長は91歳(!)と幅広い世代から参加していただきました。

藤倉先生をぶっ通しでこきつか・・もとい指導をしていただきました。打ち上げは楽しいお話と美味しいお酒で盛り上がりました。

Aクラスは佳境、新潟県強豪が次々と敗退の憂き目に・・・子供たちも真剣モード、終わるとみんな入り乱れて対局してました。

ん?子供たちが興味津々・・・その先には?

 

 

先生からのサプライズ!強くなりますように・・

 

時々センターに来てくれるKくん、今回お初の石川のKくんRくん兄弟、今回一番遠くから来て勝負強さを見せつけてくれたTくん、いい刺激になりました。また会えるのを楽しみにしています。いきがかり運営さんのおかげでまたつながりが増えました。本当にありがとうございます。

 

 

 

長岡将棋名人戦

おかげさまで130人を超える申し込みをいただきました。〆切は過ぎていますが当日受付もします。お電話1本いただければなお有り難いです。

参加者名簿を眺めていると石川から3人・・・あ、あ、愛知!?!?本当にありがとうございます。気を付けていらしてください。

当将棋センター、明日土曜日は準備の為休業予定となっておりました。子供たちも大会の為PM4時頃までは帰ってこれないと思われます。ただ、それでは遠方から来られた方に申し訳ない!ということでPM2時頃~練習相手を用意してお待ちしております。来られる方は出来ればここにコメント頂けるとありがたいです。

くれぐれも遠慮は要りません。本当に遠慮して行くのやめようと思わないでください。くどいようですが全力でお待ちしてます。来るのをやめるとくさる人が出てしまいます(笑)

どこよりも早い新潟県将棋情報

まずは後回しになっていた自己紹介を。新潟県在住、棋力は・・・そこそこ指せると思います。

新潟県長岡支部所属、昨年末に研究会を立ち上げ、マネージャー業で将棋を楽しんでます。新潟に来る際は声を掛けていただければ全力で歓迎します。

ニックネームは将棋ウォーズの名前を新潟の某小学生強豪がそう呼んでくるのでこれにしました。

 

さて、どこよりも早い新潟県情報。昨日支部名人戦・対抗戦・シニア名人戦が行われ、長岡支部からシニア代表と対抗戦の代表が出ました。いきがかり運営さんのところ同様、県史上最年少の対抗戦代表と思われます。かくいうわたしも名を連ねていますので東京でお会いできる方はぜひ声を掛けてやってください。

惜しむらくは福井は西日本、こちらは東日本。会いたかったなぁ・・・会わせたかったなぁ。。。

 

 

新潟から失礼します

自己紹介は後日させていただくとしまして、

新潟県長岡支部からお知らせいたします。

来る3/12(日)に長岡市のアオーレ長岡でオープン大会を開催します。

ジュニアA級優勝者には二段免状(所持者には三段)、ジュニア参加者には

プロ棋士による指導対局もあります。

その他詳細は下記添付のpdfファイルをご覧ください。

事前申し込みで3/4(土)〆切となっておりますのでご注意ください。

遠方ではありますが、ご参加いただける方は全力で歓迎します。

ぜひご検討ください。

長岡将棋名人戦ジュニア戦pdf

 

下記HPからも詳細確認できます。

長岡将棋センターHP http://nagaoka-shogi-center.com/