野々市将棋大会(いきがかり視点)

勘のいい閲覧者の方々はお気づきになるでしょうが、今回は、大人の事情が垣間見えるレポートになります。

1年前を思い起こすと、福井から県外の大会に出場する小学生はほとんどいませんでした。今回野々市大会には、息子ゆうや以外に久保君と川縁君も参加しました。もっともっと参加者が増えると良いですね。
ゆうやは昨年低学年の部に参加しましたが、今回は一般B級にエントリー。久保君と川縁君は一般C級でも良かったかと思いますが、今回は高学年の部に。そして久保君のお父様は一般C級参加でした。(素晴らしい!)
A級には福井県A級強豪の、中屋さん、福井さん、坪田さん、瀬戸川さんが参加していました。

ゆうやが昨年当大会で仲良くなった佐藤漣君に再会。身長が伸びて大人っぽくなっていました。大会開始前に、同じ小4の川縁君と練習対局。
津幡公民館の若林さんは久保君と練習対局。両者とも初顔合わせとは思えない感じで、かなり楽しそうでした。

大会結果(小・中学生上位)はこちら

【低学年の部】
昨年は、倉敷王将代表になった吉原君と今年代表になった北山君との決勝でした。大人たちが見ていても感心する程のレベルの高い角換わりの将棋で、大熱戦でした。今年は、吉原君は高学年になりB級、北山君はC級参加、さらに道下弟君という強豪もこの日は欠席で、昨年とは一転、初級者ばかりの大会になりました。
その中で光ったのは残念ながらミスで準決勝で敗れた大脇君。やや攻めっ気が強すぎなのが気になりますが、以前住んでいたところで五段の先生に習っていたと言うだけあって、筋のいい指し手が目立ちました。大会終了後は、遅くまで残って久保君と10局以上指していました。勝敗は大脇君が大きく勝ち越し。そして、大脇君の妹さん(まだ4ヶ月くらいの乳飲み子)の笑顔が最高でした!

【高学年の部】
久保君と川縁君が予選通過。久保君は早々に一勝して予選通過。
川縁君はいきなり佐藤漣君と対局で負け。次局は道下兄君という厳しいリーグでしたが、接戦を制し予選通過。
そして、決勝トーナメントはいきなり久保君と川縁君の対局となってしまい、川縁君が勝利。川縁君は次の準決勝で、おそらく優勢な中、アレで負け。ゲストで来られていた橋本八段の呪いでしょうか…
優勝は佐藤漣君でした。おめでとう!

【C級】
久保君のお父様が残念ながら予選敗退。
その後は、橋本八段の指導対局で苦悶の表情でした… 激写しましたよ(笑)
北山君は決勝トーナメントでベスト8。

【B級】
息子ゆうやは、予選1回戦でいきなり強豪の五年生S君。先日の富山道場大会後の練習ではゆうやが負けていました。戦型は菊水矢倉(たぶん英春流)。前回の教訓を生かし、なんとか勝利で予選通過。
決勝トーナメント1回戦は、先日の野々市リーグで敗れている相手源君。今日は「源君に当たるまで絶対負けない」が目標でしたが、いきなり当たるとは…
戦型は、以前練習対局ではゆうやが勝利した、源君の角交換振り飛車。
予選を早く通過して暇を持て余していたA級中屋さんが来られ局面を見て「ゆうや君大ピンチ、どうしてあんな形に…」と言う程の劣勢。なんとか終盤まくって勝利。今回は優勝を狙っていると熱く語っていた源君でしたので、ゆうやに負けて悔しかったかとは思うのですが、気持ちを押し殺して丁寧に感想戦をしてくれました。頭が下がります。ありがとうございました。
2回戦は、先日の野々市リーグでゆうやが大金星で勝利した相手、強豪の高校生後口君。金星は2度続かず敗戦。ゆうやが呆然として涙ぐんでいたのを黙って待っていてくれました。そして数分後、優しく声をかけてくれて丁寧に教えて下さいました。こういう光景は本当に素晴らしいです。福井の大会では、感想戦を行っていると早く次の対局に向かうよう注意されることがありますので…

その後口君が勝ち進んでB級優勝。準決勝で富山の倉敷王将戦代表六年生の大田君に勝利しましたが、後口君本人が言うには、大田君に5手詰めの見逃しがあって勝てたそう。

ゆうやは決勝トーナメントベスト16、吉原君はベスト8でした。吉原君にも橋本先生の呪いが…

【A級】
優勝は泉野さん、準優勝は福井県王将の中屋さんでした。
対局前に泉野さんから場を和ませる県将連ジョークが飛び出しました。(笑)

憲太朗君は奇襲戦法「嬉野流」に屈しました…
嬉野流のスペシャリストがいらっしゃるとは驚きです。

imageimageimageimageimageimageimageimageimageimageimageimageimageimageimageimageimageimageimageimageimageimageimageimageimageimageimageimageimageimage

2 thoughts on “野々市将棋大会(いきがかり視点)

  1. ゆうやくんの小2でBエントリーもプチ記録ですね。うちの子よりいつも一学年早い(^-^)
    福井は対局数が多いからせかされる面もあるかも知れませんね。

    ところで、Aクラスのことはいつ書くんですか?(笑)

    1. 今年度から基本的にすべてB級参加してますが、なんやかんやで予選敗退は一度も無いですね。
      とにかく今年中に県内B級制覇が目標なので、野々市リーグでしっかりと力をつけさせたいです。
      野々市は皆さん親切で、長距離を通う価値は十分です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA