8/27 棋譜並べ100日マラソン第2局目

先手:羽生先生
後手:谷川先生
▲7六歩△3四歩▲2六歩△8四歩
▲2五歩△8五歩▲7八金△3二金
▲2四歩△同 歩▲同 飛△2三歩
▲3四飛△8八角成▲同 銀△2五角
▲3六飛△同 角▲同 歩△2七飛
▲3八銀△2五飛成▲7七銀△6二銀
▲2七角△2二銀▲3七桂△2四龍
▲6八玉△4一玉▲7九玉△5二金
▲4六歩△3三銀▲8八玉△3一玉
▲2八歩△7四歩▲4七銀△7三銀
▲5八金△7五歩▲同 歩△8四龍
▲6六歩△6四銀▲6七金右△7五銀
▲4五桂△4四銀▲5六銀△8六歩
▲同 銀△同 銀▲同 歩△同 龍
▲8七歩△8四龍▲3五歩△7五歩
▲8六銀△7六銀▲同 金△同 歩
▲8五銀打△6四龍▲7六銀△6六龍
▲6七金△6四龍▲6五銀右△9四龍
▲7四歩△6四歩▲同 銀△7四龍
▲7五銀引△7一龍▲7四歩△6二龍
▲6四歩△3六歩▲同 角△5五金
▲5六金△6七歩▲同 銀△5六金
▲同 歩△6五金▲7六金△6四金
▲同 銀△同 龍▲6五金打△6二龍
▲3四歩△3五銀打▲2五角△4六銀
▲3三歩成△同 銀▲6八角△2四銀
▲3三歩△同 桂▲同桂成△同 金
▲6三歩△7一龍▲4五桂△2五銀
▲3三桂成△4四角▲7七角△同角成
▲同 金△3二歩▲2二金△4一玉
▲3二金△5一玉▲6四角△6三金
▲8二角成△同 龍▲6四歩△投了

羽生先生 vs 谷川先生 自動再生

福田万葉(小3、チームC、10pt)

谷川さんが、5手目で27角と打っていたけど、僕なら45角と打ちます

梶 京四朗(中1、チームB、10pt)

羽生さんの27角の一手が少し重いと思う
羽生さんの7・8筋に金銀をぶち込む指し回しがすごく手厚つくて安定感があった。

 山下仁生(小3、10pt)

最近は見なくなった、2五角戦法で新鮮でした。
羽生さん4五桂と打っていた局面で、谷川さんがなぜ2五銀と角をとったのだろう、だそうです。
渡辺純樹(小6、チームC、10pt)

「谷川さんが有利だったのに羽生さんが逆転勝ち。
羽生さんが勝った理由は、6八角をうったことだと思う。」

との事です。
 ⭐️五味煌星 ⭐️(小4、チームB、10pt)⭐︎

*103手目の▲6八角がかっこよかったです。

竹下レオ(小5、チームB、10pt)

谷川さんの6七歩が分かりませんでした。
教えて下さい
中山拓哉(小5、チームC、10pt)

感想
17手目の3六飛が、みんながする手と違う手を指していたのでなるほどと思った
西村晃太(小5、9pt)

〈感想〉65手目85銀打ちから龍を押さえにいったと思う。
山口大翔(小3、チームC、10pt)

谷川さんの3六歩と、羽生さんの 2二金が、よかった。
河野竜之介(小1、チームC、10pt)

2局目終わりました!

竜がいるのに、なんで2七角うったんやろー?等、色々と呟いていました。
感想は「8六の(駒の)取り合いにドキドキした!」との事です✨
野路英佑(小2、チームC、10pt)

羽生さんがやった103手目の6八角が、谷川さんがやった114手目の4四角で王手成桂どりをしたとき、103手目にうった角が、115手目に7七角で王手も防げて、成桂がとられないようにできたのがすごかったです。羽生さんが11手先のことを予想していたのかなと思いました。
土肥優真(小5、チームB、10pt)

六八角が銀取りになっていて、八筋にきいていて玉の逃げ道が広くなった
紀平倖佑 (小6、9pt)

感想:金、銀、歩を利用して相手の飛車2枚を押さえ込み遊ばせる手筋が勉強になった。
オブザーバーUさん
僕も何人かの人と同意見です。名人クラスの人がするならともかく、僕くらいの初段~三段くらいの人は27角や28歩は打たない方がいいです。無理矢理28竜と侵入したならば37角と打つ様な感じで。終盤85銀打ちを同竜と取れない様では玉頭が手厚くてそれまで、ですね。実戦では2枚替がこわくて僕くらいでは無理です。序盤の25角は27角でも同様に36飛車と受けるのかな?と思いますよ
間 悠亜(小5、奨励会六級、10pt)

67歩で相手の上部を薄くする手が勉強になりました。
自分の対局でも使えるといいです。
羽生先生の25角戦法のやり方も勉強になりました。




2 thoughts on “8/27 棋譜並べ100日マラソン第2局目

  1. これはあの有名な、羽生さんのNHK杯初優勝の将棋でしたね。
    加藤一二三さん、大山さん、谷川さん、中原さんの名人経験者4人を倒し、加藤一二三さんの将棋はあの伝説の妙手「5二銀!」は未だに語り継がれてます。

    ①37手目の2八歩打ちがまずく、後手有利になりましたが…
    ②62手目の7六銀が急ぎ過ぎで、7三桂を跳ねれば後手優勢だったようです。
    本譜はその後8五銀から押さえ込まれ、流れが変わってしまってたと思います~。

  2. まず、この後手横歩取らせの25角戦法は、先手の主張は歩得と後手が歩切れという点です。なので羽生先生の25手目▲27角は「重い」のではなく、後手に歩を渡さない点に重点を置いた指し手です。(後手△62銀の前に△36竜とすると▲18角があるので角を手持ちにしていたのです)
    ①37手目の▲28歩の意味は、先手としては▲58金から固めたいが、このままだと△27竜▲同銀△49角の両取りを避けたものですが、実は以下▲28飛で受かっているので▲28歩は打つ必要がなかったという事です。
    ②48手目△75銀で後手が歩を入手し歩切れを解消した局面は後手が有利にはなっています。(それでも微差ですが)
    ③62手目△76銀が疑問という理由は、後手の玉が31なので、飛車を渡すと▲71飛が厳しく飛車を渡せない点にあります。攻める前にどこかで△22玉とすべきだったのでしょう。以下は先手の玉頭方面が手厚く、後手が勝ち切るには大変な将棋になってしまっています(しかもNHK杯の早指)
    ④103手目▲68角が厳しかったのですが、その遠因は98手目の△35銀打なのでここで△68歩(敵の打ちたい所に打て)もあったかも知れないですね。

太田 博朗@静岡県支部連合会 にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA