9/1 将棋教室 担当:田中幸道指導棋士

大好評の田中幸道先生の「次の一手クイズ」ですが、今回のテーマは「四枚落ち定跡」。

最後の詰将棋は、最短手数が11手詰め。
「倉敷王将代表」土肥君と「嶺北小学生王将位」の竹下レオ君が13手詰めしか見つけられない中、体験教室に来ていた新人の細川君が見事に11手詰めを正解でした。

新星現る!

自由対局時に、「今のうちに勝っておこう」と私が平手で指してギリギリの勝利でした。
教室に通ってくれたら、半年後にはもう勝てない予感です…

年長さんの弟君も、「赤ちゃんの介」こと小1の河野君と互角の戦いでした。
いいライバルになりそうです。
この二人が数年後に倉敷王将低学年代表を争ってくれたら…と期待しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA