「教室ブログ」カテゴリーアーカイブ

教室内タイトル戦

教室内タイトル戦を始めました。

今はまだノリだけで行なっていますが、少しずつルールを整備しようと思います。

賞品があるわけでもないのに、いつも以上に子どもたちは真剣に対局していました。
これはなかなかのアイデアかも知れませんね。

とりあえず、3/10(日)時点のタイトル保持者は以下の通りです。

・木田竜王…寺角っち
・木田名人…川田君
・木田王将…土肥君
・木田棋聖…川井社長
・木田棋王…蓮川君
・木田王位…山田さん
・木田王座…小林君

※「木田叡王」は定例の初級・中級向けネット対局会でタイトル戦を行います。

追記

3/13 20:00より将棋倶楽部24において、鶴井君VS竹下レオ君で初代木田叡王決定戦三番勝負を行いました。
2-0で鶴井君が木田叡王に輝きました!

1局目棋譜▲鶴井君 vs △竹下レオ君

2局目棋譜▲竹下レオ君 vs △鶴井君

前日に行われた予選トーナメントの結果は以下です。

最強戦2018@木田

第三回となりました最強戦@木田は、12/16(日)に開催予定です。

諸事情により、事前申し込み者が定員に達しなかった場合は中止と致します。
定員を超えた場合は、賞金額に還元させていただきます。

◻︎開催日時…12/16(日)、午前10:00開始
◻︎参加費…¥2,000(昼食は付きません)
◻︎賞金…優勝/¥20,000、準優勝/¥10,000、3位/¥5,000

※事前申し込み制です。(11/30締め切り)
定員…24名。
定員に満たない場合は、大会は中止となります。

10/14(日)森下卓九段(日本将棋連盟常務理事)がいらしゃいます。

10/14(日)に森下卓先生が教室にお越しになります。

森下卓先生と言えば、羽生名人に挑戦したこともある大御所。
矢倉を発展させた森下システムの考案者であり、現在は日本将棋連盟常務理事。
「駒得は裏切らない」「歩が5枚で1森下」でも有名です。
そして今話題の増田康宏六段は、先生のお弟子さんです。

今回はいつものようなイベントではありません。
不思議なご縁がございまして、多忙な中ご訪問いただけることになりました。

先生のご厚意により、
13:00〜14:00 トークイベント
14:00〜15:00 指導対局(抽選)
が行われます。

トークイベントの方は、現役棋士であり日本将棋連盟の理事という立場からのお話となります。きっと親御さん方にも価値のある内容になることと思います。
素晴らしい機会ですので、多くの親御さん方にご参加いただけたら幸いです。

親と選手(子ども)の関係とコーチの役割に関する分析

テニスに関する考察ですが、いくらか参考になるかと思います。

特別クラスの件

平日夜に行う予定でした特別クラスでしたが、なかなか皆様のご都合が合わないようですので、当面は月一回日曜に行うことにします。

奨励会・プロを目指したい子(またはそれくらいの意欲がある子)が対象となります。
月一回、日曜の午前10時〜午後4時まで。
中西六段が講師となります。
3人一組で、棋譜を記録します。
大盤解説では、大局観を磨くような指導を行います。
(個別に宿題も出します。)

予約制(先着9人)で、受講料は1回¥2,000です。

会員以外の方、県外の方も参加自由です。

興味のある方は、メールにてお問い合わせください。

金沢大将棋部が快挙!

西澤県名人、さすがです!

かならず観てほしい番組

人生にはちょっとありえない偶然が時たま起こります。

25年前、敦煌を旅行中たまたま同じ周遊バスの隣に大学の後輩が座っていたことがありました。
面識はあったのだけれど、まさかと思って半日お互いに声をかけずにいました。

さて、8/26(日)13:50〜15:00にこの番組が再放送されます。

あの日 あのとき あの番組「盤上にかける人生~プロ将棋界の熱き闘い~」

私は小学生の時にこの番組を観て将棋に興味を持ちました。
奨励会の厳しさはこの時に知りました。

この番組のインパクトが強すぎて、息子がプロを目指して奨励会に入会するなんてあり得ないことと思っていました。

ドキュメンタリーの主役は、今年の初めに当教室で特別講義を行ってくださった鈴木英春先生です。
自分の記憶にあったこの番組が英春先生を描いたものかどうかずっと不明で、先生に直接お伺いしようと思っていました。

実は先日この番組のディレクターから、英春先生に連絡を取りたいと私にメールが来ました。
そして息子が奨励会に入会する直前の今、この番組が再放送するとは…
偶然とは不思議です。

ずっと息子に見せたかった番組なので、とても感慨深いです。

史上初 女子中学生名人 野原未蘭さん

坐禅&将棋合宿の御案内

【集合場所・時間について】
27日は、正式には正午から合宿がスタートです。
午前10時ごろから天龍寺本堂にて自由対局を行います。
希望される方は早めに来ていただいてもOKです。

・直接会場に行かれる方は、正午までに現地集合でお願いします。

・福井駅に集合される方は、午前11時にJR福井駅東口に集合してください。
全員そろいましたら、えちぜん鉄道勝山線に乗り換えて松岡駅に向かいます。
会場は松岡駅から徒歩7分くらいです。

【合宿終了時間・解散場所について】
合宿は28日正午に終了。直接送迎組はここで解散となります。
電車で参加の皆さんは福井駅まで御案内します。
午後の福井子供将棋教室に参加希望の方は、受講料¥1,000が別途必要です。

【準備品】
・宿泊は本堂になります。シーツとタオルケットをご持参下さい。
(こちらでも何セットかご用意させていただきます。)
・寝巻き
・洗面具(歯ブラシ、タオル)
・飲み物(お茶やスポーツドリンク等)はこちらで準備致します。

【料金】
・日帰りの方/¥3,000 (1日目の昼食、夕食付き)
・宿泊の方/生徒さん¥5,000(1日目の昼食、夕食、2日目の朝食付き)
・宿泊の方/付き添い¥3,000(1日目の昼食、夕食、2日目の朝食付き)

禅宗のお寺の食事ですので、メニューは質素なものとなります。
宿泊者以外の付き添いの方の食事は、数が足りなくなることが予想されます。
お近くのスーパーや定食屋をご利用いただくこととなりますが、御協力のほどよろしくお願い申し上げます。

7/22(日)教室 担当:石内

5,6月はイベントがあり、久しぶりの教室でした(^^)

A級とB級に分かれてリーグ戦を行い、空いた時間には詰め将棋にチャレンジしました。


5手詰めばかりですが、ちょっと難しめだったようで、結果的にいい問題でした(笑)

そして大盤では、話題のタイトル戦をみんなで検討しました☆盛り上がって楽しい教室でした( ´∀`)

暑い日が続きますが、また頑張っていきましょうね‼︎

7/16 関西こども将棋大会報告

ゆうやはこの大会の存在も知らず、前々日から大阪に練習に来ていました。

当ブログでもお馴染み、兵庫の炭崎君が準優勝でした!
彼は小4で関西研修会D1。

将棋会館道場に、大会の途中経過が親御さんネットワークで届いていました。
こどもたちに人気の兄貴分N岡さんが、「ライオンすげえ」を連呼していて、ライオンて誰?と思っていたら炭崎君のことでした。(笑)

大会終了後に炭崎君が現れました。
賞品の小箱の中身はなんだろう?と炭崎君が言うと、酒匂君が「ういろう」と。
たしかに大きさはそれっぽいが、さすがに…
開けてみると中は高級そうなボールペン。
それを見て酒匂君が、「ボールペンそっくりスイーツだよ。」と。

炭崎君それをどこまで信じたのか、道場の職員の方のところに行って、ボールペンが何味が真剣に訊いてました…

面白い…
関西、面白い…

優勝の山田祥太君は存じ上げませんが、対局態度がとても素晴らしい子だとの情報。


 

富山の野原未蘭さんが快挙!

中学生名人戦、史上初女子の優勝です!
未蘭さん、本当におめでとうございます!

昨年末石川の晩成塾で、息子ゆうやと未蘭さんが対局しました。
また今年春の支部団体戦でも、前夜祭後に練習を。

その時は息子と未蘭さんが、それぞれ小学生名人と中学生名人に輝くとは思ってもいませんでした。

北陸将棋界そして北陸ジュニア棋界の未来が明るい事を願って止みません。

支部戦西地区前夜祭後、ゆうやと未蘭さんで練習。

文豪と呼んでいい先崎先生の最新刊。

一年前千駄ヶ谷でお見かけした時に、あまりに痩せていらっしゃったので驚いた記憶が…

棋譜を残しましょう!

上達するには、負けた棋譜を残して検討することが大事です。
棋譜の手書きは大変なので、棋譜アプリを利用しましょう。

タブレットをお子さんに与えてあげるのが理想ですが、親御さんのスマホに入力してもOKです。
棋譜を残せば、自身で検討したり講師の先生に見てもらう事ができます。
初心者のうちは先輩の子たちに見てもらうだけでも、敗着は解決します。

まずは序盤の大きなミスを減らせば、どんどん勝てるようになりますよ。

将棋を勉強するのに最適なモバイル環境

偉そうな表題ですが…

将棋を学ぶ為には、モバイル環境を整えた方が効率よく上達できる気がします。
ある程度の大きさのタブレットがあれば、棋譜の記録やネット対局ができます。
スマホサイズよりも盤の大きさに近いので、実際に盤を使っている時に近い身体性が再現できます。

ドコモ、au、ソフトバンクそれぞれにタブレット購入の分割プランがあるようです。
通信量はさほど必要ありませんしほぼ自宅で使用するでしょうから、電器店やネット通販サイトでwifiモデルを購入しても十分だと思います。

具体的にどんなアプリを入れてどんな使い方ができるのか、教室関係者の皆様でご興味ある方は、私に質問してください。

具体的なお話とサポートができるかと思います。
サポート代は、もちろんゼロ円です。(笑)

「りゅうおうのおしごと!」ファン必食

ほとんどポストカードの値段でしょうか…

championscurry.com
 
あいちゃんの金沢カレー【レトルト】 - チャンピオンカレー オンラインショップ │...
http://championscurry.com/?pid=132665604
カレーと言えば「チャンカレ」!元祖金沢カレー「チャンピオンカレー」のカレーパックオンライン販売。

【おまけ】
歌ってる「ななひら」さんは福井の人だったはず。

早稲田式将棋塾のご紹介

早稲田式と聞くと、早稲田式速記を思い出します…
そういう世代です…

さて、代表のカイト先生(高橋海渡先生)は元奨で高校竜王二連覇という輝かしい実績の人。
ちょっと気になることがありネットで質問させていただいたら、たいへん丁寧にお答えいただきました。優しくて広範な知識がある素晴らしい指導者です。

東京で活動されているので福井からは遠方ですが、オンラインでの指導も行っているそうです。

ご希望の方は直接連絡されてもいいですし、ご相談いただければ仲介させていただきます。指導を受ける環境の準備等もお手伝いさせていただきます。

初段を目指す子、奨励会を目指す子など、棋力を問わず対応していただけます。

将棋+座禅合宿 開催!@天龍寺(曹洞宗)

永平寺町にある曹洞宗のお寺「天龍寺」にて、7/27(金)から一泊二日で将棋+座禅合宿を行います。

天龍寺は「奥の細道」にも登場し、松尾芭蕉が宿泊した由緒正しいお寺です。

丸岡(「松岡」の誤り)天竜寺の長老、古き因あれば尋ぬ。又、金沢の北枝といふもの、かりそめに見送りて、此処までしたひ来る。所々の風景過さず思ひつゞけて、折節あはれなる作意など聞ゆ。今、既別に望みて、

  物書て扇引さく余波哉  

  (「奥の細道」より)

金沢の俳人・立花北枝は、金沢から芭蕉に随行してきたが、ここ天龍寺で別れる。
そのときの別れを詠んだものである。

7/27(金)の正午前にスタートし、7/28(土)の正午前に終了。
座禅と対局を繰り返します。
初日の夕食後に、中西アマ六段(元全国支部名人)と松野アマ五段(石川県竜王、普及指導員)が講師として参加して下さいます。

2日目の午後は希望者のみ、福井子供将棋教室に参加していただきます。

料金は1人¥5,000。
保護者の付き添いは必要ありませんが、心配で付き添われる場合は食事と宿泊代で、お一人様¥3,000追加となります。
県外からの参加もOKです。
宿泊無しの日帰り参加でも大丈夫です。
福井駅までの送迎は、こちらでさせていただきます。

定員は13名(宿泊)。(布団をご持参いただければ定員を超えても対応可能です。)
対象は、小学生〜大学生まで。
アマ強豪の方で、ボランティア的にご参加いただける方も募集しております。
宿泊・食事代は必要ございません。(事前申し込み)

メールにてお問い合わせ下さい。

*7/1現在 参加状況
・三段以上…6人(県外小学生5人)
・初段前後…7人(日帰り1人)
・級位者…5人(日帰り2人)

▪️合計…18人(県外参加者/7人…北海道、新潟、岐阜、滋賀、大阪、三重)
✴︎倉敷王将戦高学年代表/3人、小学生名人戦代表/3人(小学生名人も参加)

定員に達しましたが、どうしても参加したい方はメールでお問い合わせください。
娯楽は少ない合宿となりますが、対局はたくさん行えます。
楽しみとしましては、休憩時間にお母様方手づくりの水菓子などがふるまわれる予定です。

定員を超えましたので、お寺の精進料理は人数分をご用意できなくなるかもしれませんが、スーパーも近いですし、なんとか対応したいと思います。

息子ゆうやは絶望的に身体が硬くて、坐禅が出来ません…
住職と一緒に、本堂で坐禅の為の柔軟体操を体験しました。
正式な坐禅が組めなくても片足だけ組んでも良いですし、出来ない子は正座でもいいかな?と。

6/30(土)福井県小中学生王将戦 嶺北大会

日時:2018年 6月30日(土) 8:30~ 受付、9:00 対局開始

場所:福井市 西別院

参加資格:県内(嶺北各地区)の小中学生
     
参加費:無料(ただし、昼食はご持参ください)

内容: 参加人数にもよりますが、基本的に1~3年生、4,5,6年生 中1,2,3の

    各学年別リーグ戦で順位決定

    各学年上位者の決勝トーナメントで 小中学生の嶺北王将位を決定します。

    なお、今回は初心者対象の「交流戦」はありません。

牧野五段の有難い色紙

牧野五段が先日の指導対局会の後に書いてくださった色紙です。

「泰円澄寛(たいえん ちょうかん)」

禅語のありがたい言葉です。

中国の魏晋南北朝の故事から。

意味は、

「角がなくやすらかで、澄みきった気分でゆったりと過ごす様子。」

そんな心持ちで、日々過ごしたいものです。

ネタです…

誰かつっこんでください…